1. TOP
  2. 結局は、体に一番悪い「喫煙」を排除したからニキビが完治したと信じています

結局は、体に一番悪い「喫煙」を排除したからニキビが完治したと信じています

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 167 Views

私の、憎きニキビとの付き合いは、20歳の頃から数年前まで。通年すると15年以上に及びました。

高校生までは、何もケアをしなくても、色白で玉子の表面のようなつるんとした皮膚でした。

同級生たちが悩んでいた思春期ニキビにも無縁で、みんながクレアラシルを使っていても、私は石鹸ですら洗顔していなかったものです。

体質が変わったのか、もともと持っていた体質が現れだしたのが、親元を離れて一人暮らしを始めた19歳の頃です。

当時の食生活は、まさに食べたいもの食べたいだけ。野菜なんて食べない。毎日が淡水化物と脂質のパレードでした。

おそらく、短大生活2年間のうちに野菜なんてほどんど食べませんでした。そして喫煙。本数にすると、一日10本程度くらいだったでしょうか。

顔面にひどいニキビが出だしたのは、20歳。大学へ進学して、東京の渋谷に住み始めた頃です。夏の都会の暑さに耐えきれず、インスタント食品と栄養ドリンクや炭酸ジュースという乱れた食生活を続けていました。

食生活の改善を考えるよりも、都会の消毒された水が合わないのだろうか、汚れた空気のせいだろうか、とその頃から朝晩の洗顔とスキンケアに気を遣うようになりました。ひとつひとつの毛穴ニキビが真っ赤に膿んで、色白の顔が赤ら顔になってきた頃です。

皮膚科へ通い、当然のように強いステロイドのぬり薬と、ビタミン剤を処方されて飲用していました。しかし全く改善されませんでした。

通学のため、渋谷の街を歩いていると、必ずエステの勧誘が毎日声をかけてきました。ニキビが良くなるからと。化粧も出来ないので本当に酷かったのです。

学生時代はお金もないので、オルビスのニキビケアラインであるクリアシリーズや、DHCのバージンオイル、プロアクティブシリーズなどを使い続けていました。

しかし、可もなく不可もなく。

食事も、菓子やスイーツ、ナッツ、オイル、ジュース系を一切食べるのを止めました。そして体の膿を排出してくれるという、なたまめ茶というお茶を飲みました。

本当は大好きな肉の脂身も、食べたらすぐニキビになって顔に出るような、恐怖にさいなまれていました。

就職して金銭的に余裕ができると、あらゆるニキビケアシリーズを試しました。草花木果のどくだみシリーズ、ライスフォースのアクポレスシリーズ、SKⅡの化粧水、そして最終的にアルビオンのスキンコンディショナーとアクネシリーズで、外的なニキビケア探究の旅は落ち着きました。

食事内容も、野菜を全く食べなかったのを改善して、積極的に野菜や海草、きのこ類を取るようにしました。

しかし、優秀なアルビオンのスキコンをもってしても、35歳を過ぎるまでニキビは消えませんでした。以前は顔の上部に出来ていたものが、あごやフェイスライン、いわゆる大人ニキビに変わっていきました。仕事も多忙を極め、夜中23時に帰宅して朝3時には起床して通勤、などという睡眠不足も続きました。

喫煙しない男性と知り合って結婚したのが、35歳の時です。「結婚したら喫煙はやめてほしい。健康が心配だ」という夫の言葉から、一日一箱吸っていたものをぱたっと辞めました。

その頃からでしょうか。仕事のストレスは変わりないのに、気がついたらニキビケアのために鏡に向かっていた時間が少なくなっていきました。

化粧品も、クリアシリーズなどを使わなくてもいいようになりました。油や菓子やジュースなど、ニキビだらけだった頃よりむしろ、今の方がはるかに摂取しています。しかし、もうニキビは一つも出来ていません。

禁煙してから20キロほど太ってしまいました。しかし幸いにして、クレーターのようなニキビ跡はないので、「肌がすごくキレイですね」と言われるようになりました。

今はもっぱら、保湿と紫外線対策に気を揉んでいます。

私ほど、ニキビのために悩んで、様々なことを試した人もなかなかいないと思います。何がニキビ撲滅につながったんだろう?と考えると、やはり、生涯の伴侶を得た安心感と、禁煙によるものだったのかなと思います。

あとは、ただ減量するのみです(笑)

\ SNSでシェアしよう! /

ニキビ跡の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニキビ跡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

oliss

この人が書いた記事  記事一覧

  • 結局は、体に一番悪い「喫煙」を排除したからニキビが完治したと信じています

関連記事

  • 荒療治:押し出し法

  • 一番効くのは生活改善

  • 地道な努力で、少しずつ改善していきましょう!

  • ニキビを治すために私が心がけていること

  • 30歳過ぎてもニキビがひどかった私は、最終手段だと思い皮膚科で治療をしました。

  • 毛穴を開いた後の洗顔とビタミンCの摂取