1. TOP
  2. 30歳過ぎてもニキビがひどかった私は、最終手段だと思い皮膚科で治療をしました。

30歳過ぎてもニキビがひどかった私は、最終手段だと思い皮膚科で治療をしました。

 2017/06/02 未分類
この記事は約 2 分で読めます。 156 Views

次から次へとできるニキビに耐えられず、スキンケア商品を替えてみたり、市販のニキビ薬を使ってみてもいっこうに治る気配がないときに、テレビCMで“ニキビは皮膚科で治療できます“というのを観て、1度診てもらおうと皮膚科に行きました。

診察の時に顔や背中などニキビができやすいところを診てもらい、先生から痒いニキビなのか、痛いニキビなのか聞かれました。

その他、1日のカフェインの摂取量や喫煙をしているかなどの生活習慣なども聞かれ、生活習慣から改善することもあるそうなので、コーヒーは1日1杯や禁煙をすること、髪はなるべく顔にかからないようにするなど指導を受けました。

薬に関しては、ぬり薬とビタミン剤をもらい3~4ヶ月間通院してニキビのないキレイな肌になりました。

本当は続けて通院した方が良かったのかもしれませんが、診察料や薬代が思った以上に高く、続けるのが難しかったため途中で通院をしなくなったのですが、そんなときに、皮膚科医がすすめるスキンケア商品を見つけて試しに使ってみたんです。

ラロッシュ・ポゼというブランドなのですが、敏感肌の人のために作られたスキンケア商品で、フランスの湧き水ターマルウォーターを配合した商品です。

フランスにあるそのブランドのターマルセンターには年間1万人以上の人が治療のために訪れているそうです。

その説明を見て使ってみたくなり、商品を取り寄せました。

取り寄せてから気が付いたのですが、病院で処方されていたぬり薬の中に“洗顔後化粧水の後に顔全体につけてね“と言われていたものだったんです。

それに気が付いてからは、間違いなくニキビが無いキレイな肌になると確信をして、今では定期購入をしています。

使い始めて6年くらい経ちますが生理前にたまにニキビができますが、普段はまったくできなくなりました。

最終手段だと思って皮膚科に行ってみて良かったと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

ニキビ跡の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニキビ跡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

taiken

この人が書いた記事  記事一覧

  • ニキビを治すために私が心がけていること

  • 30歳過ぎてもニキビがひどかった私は、最終手段だと思い皮膚科で治療をしました。

  • 毛穴を開いた後の洗顔とビタミンCの摂取

  • テラコトリールでニキビ0に!!

関連記事

  • 結局は、体に一番悪い「喫煙」を排除したからニキビが完治したと信じています

  • 荒療治:押し出し法

  • 地道な努力で、少しずつ改善していきましょう!

  • 質の良い洗顔と保湿!

  • ニキビを治すために私が心がけていること

  • 毛穴を開いた後の洗顔とビタミンCの摂取